東京 新橋・銀座の不妊専門鍼灸院 | 健美鍼灸院 | 不妊でお悩みの方からの喜びの声も多数!口コミでも話題です!

女性専門 健美鍼灸院
冷えと不妊

不妊症と逆子


鍼灸と不妊症

<不妊症とは>
イメージ妊娠を望み、2年以上夫婦生活を営んでいても妊娠にめぐまれない場合を「不妊症」と呼びます。中国では“不孕”“求子”“絶産”などと言われてます。不妊の原因は東洋医学ではどのように考えられているのでしょうか?

東洋医学では、腎(西洋医学の腎臓の働きと違います。)は生殖機能をつかさどります。人間の一生における肉体の変化は、「腎気(「腎」の東洋医学の働き)」の盛衰によると考えられています。それは、妊娠と関係が深い“生理”に対する考え方にも表れています。腎気が盛んなことがまず正常な「生理」に大事なことであり、「腎気」が妊娠(不妊)にも関係が深いと考えられています。つまり、「腎気」の不足を不妊の第一と考えます。

中国古代の有名な医学書≪黄帝内経≫の中には、人間の一生の肉体の変化が述べられています。女性は7才ごとに更年する(身体が変化していく)と説明し、7才で「腎気」が盛んになって、歯が生え替わり、髪が長くなります。14才になって、「腎気」がさらに盛んになって、天癸(生殖機能の発育)に至ります。子供を作ることができる・・・28才が最も身体が充実している時期で、49才になると「腎気」が衰えて、天癸がつきて、月経がなくなり、子供も産めなくなり、更年期になります。

「腎気」は男女を問わず、人間の成長を軸とする生命現象の基本要因です。ですから、「腎気」が不足すると身体および生殖器の発育不全、生殖機能の異常、生命力の低下、老化の早期化などが起こります。このため、不妊症の原因の1番に「腎気」の問題があげられます。

また、東洋医学では、「肝」が精神状態と関係があると考えられています。精神的ストレス→月経異常→無排卵→卵巣機能不全、乳房が張ることによる痛み、流産、不妊などをきたすことがあります。これらの症状は、「肝」と関係があると考えらています。鍼灸医学では、不妊症は主に肝脾、腎の働きの乱れが経絡(ツボに一杯並んで通路)の流れに変調をきたすと考えます。不妊症でお見えになっている方々の多くは「脾」と「腎」の力が不足し、冷え、肥満など呈している方が多く見られます。また、過度のダイエットにより、「脾」で作られている栄養物質(気・血)が不足し、生殖器に(子宮・卵巣)栄養が送られる栄養も不足し、生理の異常をきたし、不妊症が起こります。(子供を作る栄養の材料が不足)
過度な精神的ストレスにより、イライラして「肝」が不調になることで月経失調(早まったり、遅れたりする)をきたします・・・不妊症になります。さらにストレスが溜まって、肝気がうつから滞ってる状態になり、瘀血(血が滞っていて、ドロドロとした血)が生じます。東洋医学の気の概念は、大雑把に言うとエネルギーと考えられます。ですから、血の巡りのエネルギーは気でということになります。気が動かなければ、血の巡りも悪くなります。つまり、瘀血状態です。西洋医学の子宮内膜症や子宮筋腫などは東洋医学の瘀血にあたります。瘀血があるのも不妊をきたします。

このように女性の月経や妊娠には、「肝」・「脾」・「腎」の働きが重要で、バランスの取れた各臓器の正常機能を保ちながら、いつも気・血の流れを良くする事が重要です。

鍼灸施術によって、「肝」・「脾」・「腎」のバランスを整え、気・血の流れを良くし、生理の異常を取り、体質改善や身体の本来の機能を正常な状態に戻す事ができます。

最近の研究データでは、鍼灸施術を通して、自律神経の改善により、明らかに子宮内膜の厚さ・形状が改善し、妊娠に至った数々の症例があるとの事です。赤外線療法、鍼灸療法により胚の質が向上されたとの報告もあります。鍼灸施術によって瘀血が改善され、卵巣の血流も改善され、いい卵子が出されるという事になります。
鍼灸施術によって、妊娠しやすい体づくりをし、また西洋医学の施術を併合することが、早く妊娠に結びつける道だと思います。

東洋医学では、不妊症の原因は大体「腎虚」「肝鬱」「瘀血」「痰湿」と分けられています。それぞれの症状を簡単に説明します。ご自分はどのタイプであるかを知る事ができると思います。

■「腎虚」タイプ
排卵がない、高温期が短い、四肢の冷え、寒がり、子宮頸管あるいは卵管の粘液分泌不足、性欲低下、生理周期が遅れがち、生理痛の特徴は生理中から生理後に下腹部から腰まで冷えて鈍い痛み、小便が近い、むくみやすいなど。
鍼灸施術中【お勧め食材】
木の実類、 豆類、香りの強い野菜、ハーブやスパイス、 その他山いも、黒い色の食材、よもぎ 等。
【妊娠力アップのスペシャル食材】
よもぎ 体をあたためて婦人系の不順に働きます。
【控えた方がよい食材】
水分の取りすぎ、塩けの強いもの、冷たい食べ物、牛乳や白砂糖のとりすぎなど。

■「肝鬱」タイプ
イライラ、胸のつかえ、生理前に胸・乳房・下腹・少腹(下腹の両側)が張っている痛み、生理不順、ため息やゲップ、便秘がち、生理前に便がゆるくなったり、下痢をしたりするなど。
鍼灸施術中【お勧め食材】
香りの強い野菜、香味野菜、野菜類全般、フルーツ(特に柑橘系)、ハーブ類、香辛料など
【妊娠力アップのスペシャル食材】
柑橘類 気の巡りをよくし、胃の働きも活発にする。特にみかんの皮は「陳皮(ちんぴ)」という漢方の一つ。
【控えたほうがよい食材】
脂っこいものや糖分のとりすぎは、消化に負担をかけ、胃のもたれの原因になり、気の巡りも悪化させます。

■「瘀血」タイプ
身体のある部分の痛み(肩・腰など)、夜間に身体が重い、目の下のくま、生理の血が塊りを伴う、生理痛は下腹部の強い痛み、生理周期が遅れがち、生理中に膣が下に引っぱられるような墜落感、子宮筋腫、子宮内膜、卵巣機能低下など。
鍼灸施術中【お勧め食材】
青魚、 繊維質の多い食材、ねばねばの野菜、赤い色の花やフルーツ、 ナッツ類、 食物性の発酵食品、 身体を温める野菜類など。
【妊娠力アップのスペシャル食材】
サフラン 漢方では「番紅花」といわれ、「婦人の血の道を通す」とされている。
【控えたほうがよい食材】
酒の飲み過ぎ、脂っこいもの

■「痰湿」タイプ
肥満体質で、汗をかきやすく疲れやすい、色白の肌で湿った感じが強い、無月経、おり物多い。軟便、生理痛の特徴は生理前から生理中で、下腹部が冷えて痛む,激痛のこともある、PCOSやLUFなど。
鍼灸施術中【お勧め食材】
うり類 ,豆類 ,川魚,スパイスなど野菜類など。
【妊娠力アップのスペシャル食材】
はとむぎ 水分排出やむくみをとり除くのに補助作用があ,ごはんに炊き込んだり、お茶にして飲んだり。 とうがん ウリ科の野菜の中でも特に利尿性があります。
【控えたほうがよい食材】
冷たいもの、甘いもの、味付けの濃いもの、乳製品


以上体質別の詳しい食材や薬膳に御興味のある方は当院のHPの豆知識にて御覧ください。



▼参考データをご覧下さい。

《米国生殖医療学会誌(2002年4月号)に掲載された報告》

 体外受精の前後にハリ施術をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、 体外受精(IVF)を受ける女性160人を2つのグループに分け、一方に体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に針施術を実施。
もう一方のグループには、針施術をせず通常の体外受精を行った結果、 鍼施術グループの妊娠率が42.5%に上がり、通常施術の26.3%を大幅に上回った。体外受精の妊娠率は、高くても3割程度とされていた。妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、 同学会のサンドラ・カーソン次期会長は「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。
(2002年4月30日 読売新聞より抜粋)

グラフ

《英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版での報告》

 体外受精(IVF)を受ける女性が同時に針施術を受けると、妊娠の確率が65%高くなることが予備研究によって示され、英国医師会誌「British Medical Journal (BMJ)」オンライン版に2月7日掲載された。
 全カップルの約10〜15%が不妊に悩んでいるといい、体外で受精させた卵を子宮に移植するIVFを選ぶカップルも少なくない。鍼施術がIVFの成功率を高めるという証拠は、これまでにもいくつか示されていた。

 今回の研究は、米メリーランド大学医学部のEric Manheimer氏らが、IVFを受けた女性1,366人を対象とする7試験について検討したもの。
いずれの試験も、胚移植から1日以内に針施術を受けた女性と、疑似鍼施術(sham acupuncture)を受けた女性または針施術を受けなかった女性とを比較していた。
その結果、鍼施術を受けた女性は、そのほかの女性に比べて妊娠する確率が65%高かった。
米国鍼医学会(AAMA)元会長のMarshall H. Sager博士は、今回の結果は驚くには当たらず、 鍼施術の利用でIVFの成功率を上げてきた自分自身の経験がこの研究によって裏付けられたと述べている。IVFを受ける女性は、鍼施術により成功率を上げることができると述べている。
(2009年2月7日 HealthDay Newsより抜粋)

東洋医学の鍼灸施術による冷え体質などの改善で西洋医学生殖医療の成功率を2倍アップすることができる他、西洋医学のホルモン療方などの副作用を軽減することもできます。


不妊症とはどのような病気であるのか(西洋的な考え)?

 一般的には、妊娠を希望し、通常の性生活を送りながら、1〜2年以上経過しても妊娠 に至らない場合、不妊症と診断されます。
不妊症の原因は、
「女性に問題がある場合」、「男性に問題がある場合」、「もしくは双方に問題がある場合」と、さまざまです。ハッキリと不妊の原因がわかる場合もありますが、 いくつかの原因を同時に抱える場合もあれば、検査をしても原因を特定できず、不明のままに施術を始める場合もあります。現状を見ると、 原因不明の割合のほうが多いのかもしれません。
 厚生労働省が2007年に実施した「生殖補助医療技術に関する意識調査」によれば、既婚者のうち「不妊に悩んでいる」または「過去に悩んだことがある」と答えた人の割合は、 結婚期間2年〜3年で28%、4〜5年で22.3%、6〜9年で29.1%となっています。平均すると、結婚期間が10年未満の夫婦では、3.7人に1人が不妊に悩んだ経験を持つということにあるのです。


【女性の体と妊娠のメカニズム】

■月経と排卵の仕組みを知ろう
 女性の体の働きとして、だいたい25〜38日のサイクルで月経があり、月経と月経の間に排卵があります。
 それでは、排卵とは具体的にどのように行われるのでしょうか。
 生まれたての女の赤ちゃんの卵巣の中には、原子卵胞(卵子が入った袋状のもの)の元が200万個ほどあり、成長とともにその数はしだいに減少していきます。ちなみに、 思春期には20万〜30万個となり、その後、1ヶ月に1000個ほどが減少し、原子卵胞がなくなった時点で閉経ということになります。
 さて、月経が始まると、脳の下垂体という部分から卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されて、20個ほどの原子卵胞が目覚め、成長を開始します。ただし、この20個のうち、 大きくなるのは主席卵胞と呼ばれる1個のみです。ほかの原子卵胞は主席卵胞の栄養となり吸収されます。
 卵胞ホルモンがじゅうぶんに出て主席卵胞が育ったら、そこで下垂体は卵胞刺激ホルモンの分泌を抑え、黄体化ホルモン(LH)を分泌します。この刺激により、成熟した主席卵胞の中の卵子が 膜を破って卵巣の外に飛び出します。これが排卵です。
 約3〜5日間生き延びる精子に対し、排卵された卵子は約24時間しか生命力を持ちません。そのために、妊娠を希望される人は、排卵日をきちんと特定し、性交渉を持つ必要があるのです。
 排卵したあとの卵胞は黄体という器官に変化します。黄体ホルモン=プロゲステロンを分泌し、それによって基礎体温が上昇して、高温期が続きます。
 排卵後に受精・着床(受精卵が子宮内膜に定着すること)が行われなかった場合、黄体は小さくなり、黄体ホルモンによって厚くなった子宮内膜がはがれ落ちて、排卵から約2週間ほどで月経が始まります。

■精子と卵子の出合い
 卵巣の外へ排卵された卵子は、卵子や精子の通り道である卵管の末端にある卵管采というイソギンチャクのような形をした部分にキャッチされます。キャッチされた卵子は、卵管の入り口である卵管膨大部で待機します。
 一方、射精された何億個もの精子は膣から子宮に入り、卵管を通って卵子の下へとたどり着きます。射精とともに卵子へと目がけた競争がスタートし、卵子が待つ卵管膨大部まで最初にたどり着いた何億個のなかのたった1個の精子だけが、卵子と受精することができるのです。
 精子は卵子の殻を溶かすアクロシンやヒアルロニダーゼという酵素を出し、卵子の内側に侵入します。精子が侵入した瞬間、卵子のまわりには受精膜というバリアが張られ、ほかの精子の侵入を防ぎます。これで受精が完了します。
 なお、ごくごくまれに多精子受精といって、2個の精子が卵子の中に入ることがありますが、この場合は着床・妊娠に至ることはありません。

■受精卵の着床と妊娠の成立
 受精した卵子のことを胚といいます。胚は細胞分裂をくり返しながら卵管内をコロコロところがり、子宮にたどり着いて、フカフカに準備された子宮内膜へと着床します。
 胚の細胞分裂は、平均して受精から2日目に四分割、3日目に八分割となり、4日目の胚は一見、クワの実のように見えることから、桑実胚と呼ばれています。桑実胚の表面に穴があき、その穴が完全に広がった状態が胚盤胞です。順調に分割が進むと、これが5日目に起こります。その後、胚盤胞は透明帯という膜を抜け出て(=ハッチング)、子宮内膜へと着床します。
 胚が着床するのは、受精から5〜7日目。着床した胚は絨毛と呼ばれる根のようなものを出し、子宮内膜に結びつきます。
 こうした受精から着床までのステップの間に、どこかで止まってしまう胚も存在します。その場合は着床に至らなかったということであり、ハッチングし、内膜にしっかりと着床した場合、妊娠が成立します。

不妊症については、いつでも下記までお気軽にご相談下さい。カウンセリングは無料で行っております。
お問い合わせ・ご予約電話番号:03-3571-4189
メールアドレス:kenbi_shinkyu_4189@yahoo.co.jp

 


 

逆子、鍼灸で治るの?

イメージ鍼灸は、産婦人科領域での応用が少しずつ盛んになってきました。

妊娠中の女性の身体は、ホルモン分泌の変動と子宮増大による影響などにより、正常な場合でも、非妊娠時には見られなかった様々な症状が現れるようになります。

例えば、骨盤位、つわり、便秘、早産、腰痛、肩コリ、頭痛、むくみ、排尿障害、痔、疲労感、静脈瘤、陣痛促進、分娩時間が長い、分娩痛、乳汁分泌、流産・・・どの症状においても、鍼灸施術で改善することが可能です。

特に逆子の矯正に、優れています。

逆子は、一般的に骨盤位を指しています。それ以外の胎位異常は、横位、斜位などがあります。東洋医学では、逆子の原因は次のように考えています。

1.母体の脾の働きが、障害され、気血(栄養)の生成が悪いと胎児の胎動が減少し、胎児が正常の位置に納まらず、胎位異常を呈する。

2.肝鬱気滞(ストレス)で子宮が異常収縮を起こし、胎児の自由な運動を妨げる。胎児への気血(栄養)の流れも悪いために胎動が減少して、胎児の胎位自己矯正のチャンスが少なくなる。

3.母の腎気(生殖機能を含む)が弱いと胎児の元気も損なわれて、胎位置異常を呈する。

妊娠時に逆子(骨盤位)が判明された場合、産婦人科では様々な矯正が行われます。元々、妊娠中期には、40〜50%ある骨盤位なのですが、妊娠末期には3〜5%に激減することか正常胎位に誘導する何らかの機序が存在すると想定されています。

ところで、鍼灸施術で逆子の矯正が出来ることをご存知でしたか?

足の指先にあるツボなど膝から下のツボに鍼灸施術を行うと、胎児が正常位に戻ります。帝王切開から免れます。

鍼灸療法でなぜ逆子(骨盤位)が矯正されるのか、その作用機序は、今のところ不明ですが、子宮緊張を緩和することによって増加した胎動が、正常胎位へと矯正を促すのではないかと考えられています。


 
Copyright(C)2007 健美鍼灸院. All Rights Reserved.