東京 新橋・銀座の不妊専門鍼灸院 | 健美鍼灸院 | 不妊でお悩みの方からの喜びの声も多数!口コミでも話題です!

女性専門 健美鍼灸院
冷えと不妊

鍼灸と女性

鍼灸と産婦人科(女性)

イメージ鍼灸医学は、中国で数千年に芽生えた一種の理学療法と言えます。鍼灸施術で最も考えられるものは、痛みに対する効果です。産婦人科では、月経困難症、分娩時の陣痛に対する施術を初めとして、女性だけに限った事ではありませんが、腰痛、肩コリ、関節痛、神経痛、リウマチなどの痛みに対する効果が、鍼灸施術の最も得意とするところだと言ってもよいでしょう。

次に婦人に多い、不安神経症、不妊症、逆子、更年期障害、うつ性感異常、産後神経症、自律神経失調症、便秘、偏頭痛などの症状があります。これらに対して西洋医学では、精神安定剤、鎮痛剤などを投与しますが、患者の薬剤に対する不安感、不信感、さらにはあちこち尋ねるというようになり、ますます悪い方向に向かってしまいます。

鍼灸施術を行うと、これらの症状に対して早期にまた確実に作用することを度々経験することになると思われます。鍼灸療法は、産婦人科領域でも、大いに活用されています。

また、 生活環境の変化(温暖化、排ガスなど)、生活リズムの変化(インスタント食品、間食中心の食事)等からくる、環境・社会の不適応におけるストレスが原因で婦人科疾患に陥りやすくなっています。特徴は、大きなストレス、精神的な傷、悩み、怒りっぽい、興奮することなどで、乳房、下腹部の痛み、ため息などが目立ち、神経症(心身症)・自律神経失調症として現れます。

尚、食生活の変化、不規則な食の摂取、ダイエットなどからも身体に力が入らない、冷える、気分が悪い、便がゆるんだり、便秘したりすることが見られます。

当院では、女性の先生が、女性の患者さんを見ることで、身体の様子、心理状態がよく分かります。初めての方にも安心して施術を受けていただけます。


 
Copyright(C)2007 健美鍼灸院. All Rights Reserved.