東京 新橋・銀座の不妊専門鍼灸院 | 健美鍼灸院 | 不妊でお悩みの方からの喜びの声も多数!口コミでも話題です!

女性専門 健美鍼灸院
冷えと不妊

禁煙と禁酒

禁煙と禁酒

イメージ<禁煙>
 
喫煙が健康に及ぼす影響
 
タバコの煙の気体と粒子状成分には約4,000種類の化学物質があり、そのうち500種類に、確認されている発ガン物質が数十種類含まれています。「タバコは毒のカンヅメ」と言われるわけです。
タバコの煙が口から吸われると、気体と粒子物質が口腔や気道、肺胞に刺激を与え、あるいはそれから吸収されて血液中に移行します。中枢を興奮させ、めまい、吐気、皮膚や腎臓に影響があります。タバコの煙は口腔や気道粘膜を刺激するので、喫煙者では舌があれる、痰がからむ、咽がつまった感じなどの症状が非喫煙者に比べ、2〜3倍高率に出現します。
また、中高年者の慢性気管支炎や肺気腫なども喫煙者の方が約40倍多い、胃や十二指腸の消化性潰瘍も喫煙者に約3倍多いです。もっとも怖ろしいのは、肺ガンの原因の一つとなります。
タバコの煙には一酸化炭素がたくさん含まれており、喫煙者の血中の一酸化炭素の濃度が著しく高くなるために、喫煙する妊産婦は、胎児への酸素供給能力にゆとりが少なくなるので、非喫煙の妊産婦に比べ、流産、死産、早産など2〜3倍多く、新生児の出産時体重は平均約200g軽くなります。

「世界禁煙デー」
毎年5月31日は「世界禁煙デー」です。以後1週間が禁煙週間です。
当院では、週に2回の通院でツボ(体と耳のツボ)を使って、タバコの味が苦くなり、吸うのがいやになるようになってきます。
毎日を健康で過ごすために、是非お試し下さい。


<禁酒>

酒類は、適量では「百薬の長」にもなりますが、乱用によって様々な健康問題が引き起こされます。それらをまとめると下記の表になります。

アルコール陰陽に関係のある身体的・心理的および行動的健康問題

心理的・行動的 酔い、意識消失、記憶障害、一気飲みによる急性中毒死
依存性・耐性 飲まれずにいられなくなる、飲まないと苦しい、眠れない、手指のしびれ、忘想、幻覚出現
消化器 繰り返しの刺激による、咽頭、食道、胃の発ガン、アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変、膵臓炎
妊娠・胎児関係 流産、胎児の発育不良、奇形、低体重児
事故・災害 転倒外傷、交通事故、溺死、火災
そのほかの身体的障害 脳の萎縮、アルコール性痴呆、健忘、末梢神経炎、心臓血管障害(脳卒中や心筋梗塞)、酒さ鼻(鼻、口まわりの毛細血管の拡張、化膿、痒み、赤みなど)

アルコール含有量は、清酒1合(180ml)とビール1本、ウイスキー水割り1杯などがほぼ同じアルコール量に相当します。尚、清酒1合は200カロリーで、中茶碗軽く1杯の米飯に相当、米飯はタンパク質、他の栄養素を含みますが、酒類はアルコール(熱量)のみなので、飲食時は栄養の偏りに注意しなければなりません。
当院では、禁酒または減酒(お酒の量を減らすこと)を希望されている方にお手伝い致します。関係のあるツボに刺激することによって、お酒の量を減らすことができます。無理なく、減酒または禁酒の目的を達成します。少量の酒類で満足感を得られるようになったり、酒類が欲しくなくなります。ご自分の体のために、一回挑戦されてみませんか?

◆女性の体とアルコール
女性は男性に比べて体格が小さいので、肝臓の大きさも小さくできています。そのため、男性よりも少ない飲酒量、より短期間(男性の半分)でアルコール性の内臓疾患になりやすくなってしまいます。
また、女性は男性より体脂肪が多く、その分だけ体内の水分量が少ないということ。アルコールは脂肪に溶けにくいため、お酒を飲んだ時の血中アルコール濃度が男性よりも高くなります。さらに、女性ホルモンにはアルコールの分解を抑える作用があるともいわれています。「女性にとっての適量は男性よりも少量である」という認識を持つようにしましょう。
(※1)

◆男性不妊への影響
アルコールを分解する酵素は肝臓にあり、体内に入ったアルコールのほとんどは肝臓で代謝されていますが、男性の場合は精巣にもアルコールを分解する酵素が存在します。そのため、過度にお酒を摂取すると、分解の過程で発生する「アセトアルデヒド」という物質が精巣の中に増加してしまうことがあります。このアセトアルデヒドは非常に毒性が強い物質で、精巣内に蓄積すると、精子をつくる機能を失ったり、男性ホルモンの合成を抑制してしまうことがある、という研究も報告されています。

◆飲酒と不妊治療成績
アメリカで飲酒と不妊治療の成績の関係を調べたところ、週に4単位以上のアルコールを摂取する女性は、4単位未満の女性に比べて、出産に至る確率が16%程度低く、男女とも週4単位以上を摂取するカップルは、どちらも4単位未満しか飲まないカップルに比べて出産に至る確率が21%程度低く、受精率は48%程度も低かったというデータが報告されています。
(※2)
▼アルコール1単位
ビール中瓶1本、日本酒で1合、ワインで3分の1本、ウィスキーの水割りで1杯、焼酎お湯割りで0.6合が目安

◆妊娠中の飲酒
妊娠した女性が飲酒すると、胎盤を通じてアルコールは胎児の血液に流れ込みます。妊娠中に多量に飲酒すると「胎児性アルコール症候群(FAS)」を起こし、知能障害を主とする中枢神経系の機能障害や発達障害、大小奇形頻度の増加など、赤ちゃんに悪い影響を及ぼすことがあります。FASになるかどうかは、飲酒量や母親の年齢、体格など個人差がありますが、妊娠中の飲酒は赤ちゃんにとっていいことはありません。妊娠を意識した段階から禁酒を心がけることが必要です。(※1)


※1=参考 / 公益社団法人「アルコール健康医学会」ホームページ
※2=出典 / Efect of Alcohal Consumption on In Vitro Fertlization Rossi Brooke.et al.Obstet Gynecol.2011Jan:117(1):136-142

 

 
Copyright(C)2007 健美鍼灸院. All Rights Reserved.