東京 新橋・銀座の不妊専門鍼灸院 | 健美鍼灸院 | 不妊でお悩みの方からの喜びの声も多数!口コミでも話題です!

女性専門 健美鍼灸院
冷えと不妊

鍼灸とは

鍼灸とは

鍼灸治療の写真 鍼灸施術は、中国三千年の伝統・独自の臨床・経験療法であり、物理療法に属し、ハリやお灸で生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健(疲労回復、ストレス解消、若返り、美容領域)および疾病の予防(一般的に疾病になりにくい身体作り、腰痛の予防、風邪の予防)または施術、に広く応用する東洋施術法です。

鍼灸施術においては、病が、どの部位、どの臓腑、どの経絡(ツボが並んでいる線路で栄養を運ぶ道です)にあるかを明確にする必要があります。その明確にする方法(東洋医学の診察方法)としては@望診(顔色、舌の様子を見る)A聞診(匂いを嗅ぐ)B問診C切診(お腹と脈を手で触って見る)などがあります。鍼灸施術は病気の原因を追究して、体に一番合った「ツボ」に刺激する事によって、生体に備わった自然治癒力を賦活させる施術方法です。

鍼灸施術の原理には、「陰陽五行説」という自然観があります。すべての現象を陰陽の二つに分け、木・火・土・金・水の五気(五行)によって支配されているという考え方です。人間の体を自然界(大宇宙)の一員としてとらえます。すなわち人体は小自然(小宇宙)であり、自然界の法則に当てはめられると考えられています。人間の体は、活発な時もあれば、不活発な時もあります。つまり自然同様、栄枯盛衰があるということなのです。
 
 
<陰陽五行>
五行説の説明図

<陰陽の概念>
一般的には、積極的に動くもの、外向的・上昇的・温熱的・明瞭なもの、などはすべて「陽」に属します。他方、相対的に静止したもの、内向的・下降的・寒冷的・あるいは暗いもの、などはすべて「陰」に属します。

@方向性
上(左) 末端
下(右) 中心
 
A 人間・人体
外側 脊背 上部 六腑
内側 胸腹 下部 五臓
 
B病気
躁がしい 強盛 温熱 乾燥 亢進 急性
静か 衰弱 寒冷 湿潤 減退 慢性

病気とは、陰陽のバランスが崩れている状態です。陰陽のバランスを整えれば、病気は治ります。また鍼灸施術には“経絡”という概念があります。「経」とは地球の「経緯」の「経」と同じ縦の線を言い、身体の深部をめぐる主流であり、「絡」とは鋼のように絡むという意味で、全身を覆いつくして身体の深部まで多くの枝わかれがあります。

この経絡の中には、「気」・「血」が巡っています。その「気」・「血」こそ、中国医学では人体活動の基本と考えられています。
身体の経絡やツボに、ハリ刺激で「気」・「血」の流れを整えることによって、下記の効果を発揮することができます。痛みが取れるだけではなく血管の収縮と拡張を調節し、全身の血流が良くなり、栄養と酸素の供給が促進され、代謝が早くなり、老廃物の排出、むくみの解消、消化器官の働きも高まり、自律神経、ホルモン系のバランスを整えます。

また、ストレス解消のハリによって、脳内物質の中でも1番効力のある「エンドルフィン」分泌が促されます。気持ちを落ち着かせ、免疫力と自然治癒力も高まり、ガンなどの予防にも働きます。尚、高齢者や慢性疾病、ガンで化学療法などの薬の副作用の軽減するのにも役立ちます。定期的に鍼灸施術を受けて、心身の疲れを取り、脳梗塞など生活習慣病の予防に心がけましょう。

こんな方に鍼灸施術をおすすめします。
頭と目、顔の疲れ  首・肩・腕・背中の疲れ 足と腰の疲れ 内蔵の疲れ


 
Copyright(C)2007 健美鍼灸院. All Rights Reserved.